断熱・遮熱工法

外断熱工法、断熱工法、遮熱塗料、塗膜工法など建物を守り、耐久性を高める技術を紹介しています。 屋根用の高断熱工法なども紹介しています。

新環境対応型1液性ウレタンコーティング材【FSコート・ゼロ】

雨・湿気・空気・腐食性ガスの影響を完全にシャットアウト 防水型塗装材
■従来のウレタンとは違い、配合や混合が不要な一液性ウレタン。それにより工期や手間の短縮が...
続きを読む  

鉄筋コンクリート乾式外断熱工法【ガンバリ工法】~ガンバリボード+Gパネルの組合わせ~

『地震・火災・台風・津波等のあらゆる災害に強い』高性能な鉄筋コンクリート壁式構造を「外断熱」・「無足場」でつくる
強固な壁式構造は四方の壁・床・天井の6方向から建物を支えるため、地震時の揺れが少なく耐震...
続きを読む  

2液型ウレタン塗膜防水材 【DPツーガード・ゼロ】

世界標準の環境対応を実現した新環境基準対応型2液型
ウレタン塗膜防水材【特化則対応】
■耐候性・耐久性に優れたウレタンゴムの特性を活かした高性能な建築用防水材です。 ■優れた密...
続きを読む  

遮熱断熱塗料サンシェル®

屋根‧外壁に塗装するだけで快適環境を実現し、省エネ効果と経済性能を得られる高機能温度抑制塗料。
■特許がもたらす2つのサンシェル®機能 太陽光を多方向に拡散反射して熱線を分散させる遮熱機...
続きを読む  

吹付け断熱工法【ウォール・スプレー® 】

セルロース断熱とは「アップルゲート・インシュレーション社」アップルゲートセルロース断熱のことをいいます。
■ウォール・スプレー® (壁吹付け断熱)により、パルプ100%のアメリカの新聞紙(セルロース)を断...
続きを読む  

断熱・遮熱工法探しに役立つ記事はこちら

木造住宅の断熱工法と断熱材の種類・特徴
「夏涼しく、冬暖かい」そんな快適に暮らせる住宅をつくるには、断熱性能を高めることが不可欠です。木造住宅では、床・壁・天井などに断熱材を入れることによって、断熱性を高めます。