最新カタログ

屋根材

屋根材の代表格である様々な素材の「瓦」、金属屋根、テント、ソーラーシステム、透湿ルーフィング、等の他、屋根副資材も多数展示。
屋根材は大きく、スレート系、金属系、粘土系、セメント系になどに分類されます。スレート系はコロニアルやカラーベストに代表される化粧スレート、天然岩を使用した高級な天然スレートなど、含む繊維によって種類が分けられます。金属系は、ガルバリウム鋼板の他にも、アルミ、ステンレス、チタニウムなどの製品があります。粘土系は南欧風の明るいデザインから日本の伝統美が生んだ和瓦など粘土瓦製品として多く使われています。

関連カテゴリー

屋根のメンテナンス時期の目安

直射日や風雨にさらされている屋根には定期的な塗り替えなどのメンテナンスが必要となります。表面だけでなく屋根の下地などもチェックし、材質の傷みがひどくなる前の目安として、8年~10年程度の塗り替えにより劣化を防ぎます。特にスレート系の屋根は、簡単に行える塗装工事により皮膜が守られ、長期間その耐久性を保つことが可能です。

屋根材は大きく、スレート系、金属系、粘土系、セメント系になどに分類されます。スレート系はコロニアルやカラーベストに代表される化粧スレート、天然岩を使用した高級な天然スレートなど、含む繊維によって種類が分けられます。金属系は、ガルバリウム鋼板の他にも、アルミ、ステンレス、チタニウムなどの製品があります。粘土系は南欧風の明るいデザインから日本の伝統美が生んだ和瓦など粘土瓦製品として多く使われています。
他の建材をお探しの方はこちらから。