最新カタログ

フェンス・目隠し・仕切り

石壁、木壁、ガラス壁、ブロック塀、パネル塀、レンガ壁、ポールフェンス、ロートアイアンフェンスなど、多岐にわたる素材のエクステリアを多数展示しました。

住宅外構(エクステリア)の中で欠かせないのが、フェンス。役割としては、隣家との 境界線として、またプライバシー確保の目隠しとして使うことが多いです。 昔はブロック塀が一般的でしたが、現在は倒壊の恐れがある古いブロック塀では無く、 アルミ製のフェンスが一般的です。スチール製の場合は、頑丈ではありますが、経年劣化による錆などが発生しますので、軽量で安いアルミフェンスが人気あります。 高級感を持たせたい場合は、ロートアイアンやロートアルミなど鋳物系のフェンスを 設置するのも人気です。

もっとおしゃれに、自然の風合いもほしい。

よく街中や住宅街で見かけるアルミフェンスですが、酒類も豊富でデザイン性もよくなってきたとは言え、一番多く使われていますので、少し違った素材を使いたい場合は、 人工木や再生木と呼ばれる素材はいかがでしょうか。 ラティスフェンスと呼ばれる格子型の木材フェンスの場合、耐久性が弱く、腐りが心配です。そこで、見た目は木目調で樹脂と木粉を混ぜ合わせて成型された人工木や再生木の フェンスがおすすめです。 天然木と違い、腐りの心配やササくれなどの心配はありません。多少は変色しますが、 天然木ほどではありません。取り扱っているメーカーも多く、デザイン性も高く長持ちするので、いろいろ調べて、イメージにあう物を見つけてください。

フェンス・目隠し・仕切り探しに役立つ記事はこちら

庭のフェンスを自分で設置する
外構工事で気になるのが家の周りのフェンスではないでしょうか。 フェンスを取り付けることで隣近所の家との境界をはっきりとさせられるだけでなく、 外からの視線を気にせず生活できるようになります。 外構工事で業者にフェンスの取り付けを依頼することは可能ですが、 それだけ費用がかかってしまいますので自分で取り付けることを検討してみましょう。