最新カタログ

エコ・省エネ建材・製品

省エネ効果が高い製品、環境にやさしい製品等、エコ・省エネに関する製品を揃えました。
建材業界では、エコや省エネの促進が進んでいます。経済産業省の発表では、住宅の省エネ、省CO2化に取り組み、2020年までに新築注文戸建住宅の過半数をZEHにし、 2030年までに建売戸建住宅や集合住宅も含む新築住宅の平均でZEH実現することを 目指しています。ZEH(「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略」は、 断熱、省エネ、創エネの3つの取り組みから構成されています。 暑さや寒さに影響しないよう断熱性能を高め、使うエネルギー量を減らすことを、「断熱」 省エネタイプのエアコンや設備機器、給湯器、LED機器を活用し、HEMS(ヘムス/ホームエネルギーマネジメントシステム)という管理システムを使い、家庭内で使うエネルギーの節約管理をすることを、「省エネ」と呼びます。 最後に「創エネ」とは、消費エネルギー量を減らすだけでなく、必要なエネルギー量を自ら創り出す事を言います。太陽光発電や家庭用燃料電池によってエネルギーを創り出します。

関連カテゴリー

エコや省エネを考えた様々な建材

太陽光発電だけでなく、エコや省エネ建材と呼ばれる、数多くの製品や技術、工法が あります。真夏になると、窓ガラスからの暑さが厳しく、カーテンやブラインドだけでは対応しきれない事があります。その時に役立つのは、窓ガラス用の塗料を塗ったり、フィルムシートを貼ったりすることで、紫外線や赤外線を大幅にカットします。 これにより、太陽からの日射を遮断し、また室内の冷暖房効率を外に逃がしてしまう事を 防ぎます。同時に近赤外線も遮断することで、室内に伝わる熱を抑えます。 窓ガラスだけでなく、建物の屋根や外壁からの日射熱をしっかり遮断する遮熱塗料なども効果的です。戸建住宅だけでなく、集合住宅の屋上などでも利用されています。 今では、屋上やバルコニーをもっと快適に過ごすために、遮熱効果も高い、屋上緑化や壁面緑化と呼ばれる、緑を使った方法も人気があります。 その分予算もかかりますが、屋上やバルコニーの有効利用も同時にできるので、集合住宅や商業ビルなどでは積極的に活用されています

エコ建材は地球環境負荷の少ない建築材料を指します。 限りある資源の無駄使い防止、再生、再使用、長期使用、廃棄処理時の消費エネルギーが少なく、空気や土壌の汚染などが少ない物を指します。 またシックハウス問題などをきっかけに自然素材が見直され、自然素材のエコリフォームで長寿命で資産価値が減らない住宅にする人も増えてきています。 省エネ建材とは、壁面や屋根などの断熱・遮熱性能を高め、冷暖房費を抑えたり、床にも断熱材の施工や通気設備を設けることで省エネへとつなげたりできます。LED照明なども、調光機能やセンサー・タイマー機能を上手く利用して、必要なときに必要な量だけ点灯させることも省エネにつながります。