国内最軽量CLT「CLT 36」

住宅 店舗 内装 外装
人の手で持ち運べる国内最軽量のCLT(直交集成板)です。
【CLTとは】
■日本でも注目され始めた新しい木造建築材
CLTは、Cross Laminated Timber(クロス・ラネイティッド・ティンバー)の略称。
ひき板を繊維方向が直交するように積層接着したパネル。
1990年代から欧米を中心に発展してきた新しい木質構造用の材料で、欧米ではすでに様々な建築物に使用されています。
我が国においても国産材CLTを活用した中高層建築物等の木造化による新たな木材需要の創出に期待されている材料です。

【CLTのメリット】

◆軽量かつ強い!
・同じ体積のRCの1/5~1/6の重量
・RCに匹敵する強度

◆施工が早く簡単!
・プレファブリケーション化が可能
・パネル化により現場作業が容易

上記により工事費削減や工期短縮にもつながります。
職人不足、工事費の高騰など建設業界が抱える課題解決にも貢献!

<品質規格>
認証名:JAS認証(直交集成板の日本農林規格)
認証団体:公益財団法人日本合板検査会
認証番号:JPIC-CL3

<ホルムアルデヒド放散量>
低ホルムアルデヒド直交集成板 F☆☆☆☆
(平均値:0.3mg/L以下 ・ 最大値:0.4mg/L以下)

<国土交通大臣認定>
壁倍率:大壁仕様 3.3

<H13年国交省告示 第1024号>
許容応力度:材料強度/基準強度


【仕様】
構成/種別:異等級構成 3層3プライ/A種構成※2
曲げ性能 Mx60-3-3:曲げヤング係数(GPa):平均5.2/下限4.2 曲げ強さ(Mpa):12.7
使用接着剤 積層:水性高分子イソシアネート系樹脂(使用環境C) 幅はぎ評価プライ:なし

※2:異等級構成又は同一等級構成のうち、等級区分機により測定されたラミナ等級に曲げヤング係数の上限値を定めないラミナ又は目視により区分されたラミナを使用したものをいう。

■詳細はお問い合わせください。
国内最軽量CLT「CLT 36」
■ 画像をクリックでメーカーHPへ
■ 今すぐカタログを見る

株式会社鳥取CLTに問い合わせる

製品・施工画像

国内最軽量CLT「CLT 36」 国内最軽量CLT「CLT 36」 国内最軽量CLT「CLT 36」 国内最軽量CLT「CLT 36」 国内最軽量CLT「CLT 36」 国内最軽量CLT「CLT 36」
会社情報
〒683-0351
鳥取県西伯郡南部町法勝寺70
TEL: 0859-39-6888
FAX: 0859-39-6885
■ 株式会社鳥取CLTの取扱製品