最新カタログ

建築木材製品

建材の素材としての木材を用途や機能別に分類して展示。内装用・外装用の分類の他、機能別には構造材・不 燃材・古材・化粧材・合板・造作材等に分類。
建築に使用される木材は、木材の種類や特長により、用途も違ってきます。 内装として天然の木を貼ると部屋の雰囲気もガラッと変わります。木製内装材・ウッドパネルカテゴリではデザイン性の高い内装用の建築木材を豊富に扱っております。 家造りの基礎となる柱や梁などの構造材も色合いや木目にこだわったものが多数あります。

木材に燃えにくい加工を施した木材とは

国土交通省が2000年に定めた建築基準法で、本来なら燃えやすい「木材」であっても一定の防火性能が施されたものは「不燃認定」として使用を求められるようになりました。不燃材とは、木材をリン酸系・ホウ酸系の薬剤で処理し、通常の火災では一定時間燃焼・変形せず、有害なガスを発生しないなどの特性を持たせた製品です。これにより一般住宅から、ビルやマンションなどの内外装材にも建材として多くの利点を持つ木材の使用が幅広く認定されるようになりました。 外壁材、造作材としての木材は、建物の外観イメージを大きく左右します。 合板材、集成材も耐久性が高く、意匠性に優れたものとして品揃えもいろいろあります。

探しに役立つ記事はこちら

内装材の種類と特徴
内装材は床や壁、天井などに使う仕上げ材や下地材を意味します。 内装材には床材や壁材、天井材があり、それぞれに様々な素材が使用されています。
他の建材をお探しの方はこちらから。