最新カタログ

古材(ヴィンテージウッド)

長い年月を経て刻まれた独特の色合い・表情を持つ古材は、アンティークな雰囲気を演出します。
住宅建築の内装材として、また商業施設や店舗などの装飾建材として人気がある 古材の様々な用途を調べます。住宅では、ガレージや倉庫、人気のDIY部屋など、 趣味を活かせる空間でよく使われます。時には、新しい家の梁として使われることも。 商業施設では、壁面の装飾として使ったり、カウンターや天板、家具としても 古材の良さが引き立ちます。

人気のきっかけは?

こだわりを持ったデザイン性の高い商業施設や店舗で使用される事が多く、 新しい建材と違い、空間自体を味わいのある雰囲気に演出する事ができるのが 特徴です。カウンターや天板、家具にも使われると、さらに用途が広がり 雑貨店やカフェなども色々な古材をデザインの1つとして演出するようになりました。 住宅では、古民家というキーワードとともに、解体された建物から状態の良い 木材を古材として内装材や梁、構造材として再利用する事が増えました。

国産古材と輸入古材とは?

本来古材といえば、70年以上前戦前の木造建築で国産材のことを定義している。 長い年月をかけ自然乾燥した大切な木材を、現代建築に再利用することで 資源の再活用もでき、心やすらぐ味わいのある空間を創造することができるのだと 思います。 良質な古材は数に限りもあり、人気もあるので、価格も上がってきています。 今では、北米などからの輸入古材もどんどん登場してきており、 カフェやお店など多くの場所で使われています。 色合いも色々な雰囲気の木材があり、名前もヴィンテージウッドやアンティークウッドなどと呼ばれることがあり、国産古材とは違う風合いを演出します。 長い年月をかけて使い込まれてきた木材には、新品の建材では表現できない深い味わいがあります。そんな価値のある古材(ビンテージウッド)は、レストランやカフェなどの店舗の内装や、家具などにも使用されるなど人気が高まっております。古材(ビンテージウッド)には、国産の古材の他に、海外から輸入した古材、不燃のものなどあり、フローリングに使ったり、壁材として使用したり、テーブルやカウンターなどに使われたりしています。

他の建材をお探しの方はこちらから。