軽い!不燃!意匠性!建築内装材に適した複合板です。

【軽量天井材】エスレンフネンボードをご紹介します


■ポリスチレン系樹脂発泡シートを芯材に、金属箔でサンドイッチ加工したもので、軽量化が求められる建築内装材に適しています。特に体育館・ホール・大型店舗・オフィス・空港等の大型施設の天井材などにごご使用ください。

【特長】
■重量は1㎡あたり約700gで、一般に天井材・壁材として使用される石膏ボードの約10分の1以下です。天井材として使用することにより、天井全体の軽量化が図れます。
■板材であるため、幕材と異なり張力を保持させる下地の必要がありません。
■建築基準法の規定に基づく不燃材料です。不燃材料認定番号:NM-4138
■心材のポリスチレン系樹脂発泡シートの成形性を活かし、立体的な形状を作ることが可能です。石膏ボードでは加工が困難であった立体的な天井を作ることができます。
▶▶製品ページはこちら

積水化成品工業の製品は、建築用断熱材をはじめ、軽量性を生かした盛土工法や屋上緑化工法など、目に見えないところでも活躍しております。

▶▶会社紹介&製品一覧はこちら

出典:積水化成品工業株式会社

あとがき 大型施設の天井にぴったりのエスレンフネンボード。安心の不燃認定で安全・安心の施設づくりを可能にします。積水化成品工業では他にも軽量性、自立性、耐圧縮性、施工性などすぐれた特性をもつエスレンブロックを使った「EPS土木工法」を提供するなど、建築シーンで活躍を広げています。興味をお持ちの方はぜひ会社紹介や製品一覧もご覧ください!
この記事の製品資料をお取り寄せ
TEL: 03-3347-9659 / FAX: 03-3340-5285