建材情報まとめサイトすまいリング
掲載:2019年6月8日 更新:2022年01月12日

フローリングのシミや日焼けの修理・補修方法

フローリング
フローリングのシミや日焼け、とても気になりますね。フローリングを張り替えるしか方法はないのでしょうか? 調べてみると、気になるシミや日焼けを目立たなくしたり、修理・補修したりする方法があるようです。
そこで、ここでは、そんなフローリングのシミや日焼けの修理・補修方法を紹介しましょう。

シミの修理・補修方法

フローリングのシミの修理方法には、フッ化水素などの薬剤を使用する方法があります。
しかし、このようなフローリングのシミの修理で使用する薬剤は、ドラッグストアなどで購入できますが、劇薬が多く、取り扱いに注意が必要です。
もっと手軽に目立たなくしたい場合には、シミを修理するのではありませんが、フローリングのキズなどを隠す補修テープを貼って、シミを隠してしまうという方法もあります。

日焼けの修理・補修方法

日焼けの補修方法では、フローリング補修用のテープやキズや色あせを隠してくれるシールなどを利用すると、簡単に補修することができます。
この他では、塗って乾かすだけでフローリングの色あせを目立たなくする製品などもあります。
日焼けの補修では、このようなものを利用して修理・補修することができます。

業者による修理・補修

フローリングのシミや日焼けを修理・補修してくれる業者もあります。
自分で修理・補修する場合よりも費用はかかってしまいますが、専門の技術で、フローリングを張り替えることなく、短時間で新品同様にきれいにしてくれます。

このようにして、シミができてしまったり、日焼けしてしまったりしたフローリングを修理・補修できるようです。

また、フローリングの修理・補修を行っている専門の業者があることも心強いですね。 普段から、水などをこぼしてしまったり、フローリングを汚してしまったりしたら、すぐに拭くようにして、シミを作らないようにすることも大切です。
また、フローリングの上に敷物をすることで、日焼けを防ぐこともできます。








あわせて読みたい

COLUMN
建材コラム
建材のことをわかりやすく紹介するコラム記事です。 建材に関するあらゆることから、身の回りの疑問に感じた住まいに関する記事まで取り揃えています。
建材ナビ編集部の人気記事
バスルームの鏡使ってる?いる人といらない人、どちらが多いかメーカーに聞いてみた!
「常夜灯はオレンジ色」が常識?オレンジ色には理由があった!
トイレの小レバーは誰のため?トイレの小レバーは必要なのか?
よく読まれている記事
先週 先月
グラスウールはどんな断熱材?ロックウールとの違いやメリット、デメリット
耐震・制震・免震構造の費用を比較!メリット・デメリットは?
お風呂の壁に磁石がつくって知ってた?仕組みと理由を聞いてみた
外壁塗装の耐用年数は20年が限界!寿命を延ばすポイントを解説
外壁を塗り壁にする特徴や費用を解説!土壁や漆喰・ジョリパットの違いは?
グラスウールはどんな断熱材?ロックウールとの違いやメリット、デメリット
外壁塗装の耐用年数は20年が限界!寿命を延ばすポイントを解説
外壁を塗り壁にする特徴や費用を解説!土壁や漆喰・ジョリパットの違いは?
お風呂の壁に磁石がつくって知ってた?仕組みと理由を聞いてみた
建て直しナシで耐震性アップ!耐震補強金物の種類