焼杉板 (焼きっぱなし)

住宅 店舗 外装
木材の表面を高温で焼き、炭化させた外装材です。
■焼板の特徴
通常、木材は塗装しなければ劣化が早くなります。 しかし、木材を炭化させると表面が保護されるため、塗装しなくても腐りにくく、虫害の被害を防いだりする機能が働くほか、メンテナンスは長期間不要になります。
機能性と炭の美しさを兼ねた、人気のある外壁材です。 コストを抑えられる点も、人気の1つです。
■焼きっぱなし
焼きっぱなしの杉材は炭の表情がとても美しく、不均一な素材感を味わうことができます。杉材.comの代表は焼きっぱなしの杉板を外壁材に用いた家に住んでおります。 5年経過しても表面に炭が十分に残っており、メンテナンスの必要は当面なさそうです。
■ブラシ仕上げ
焼きっぱなしの状態から、ブラシで炭を落としたものです。 うっすらと炭が残り、冬目だけが浮き出る「浮造り風」に仕上がります。歳月を経ることで、徐々に夏目が焦げ茶色から飴色へ変わっていく変化を楽しめます。
焼杉板 (焼きっぱなし)
■ 画像をクリックでメーカーHPへ
■ 今すぐカタログを見る

杉材.comに問い合わせる

製品・施工画像

焼杉板 (焼きっぱなし) 焼杉板 (焼きっぱなし)
会社情報
〒680-0427
鳥取県八頭郡八頭町奥谷137-6
TEL: 0858-71-0958
FAX: 0858-72-3670