おうち時間を快適に!家の中で手軽に運動できる片持ちけんすい棒発売

アスレチックシリーズ第4弾「片持ちけんすい棒」

カツデンアーキテック株式会社(本社:東京都台東区上野5-25-11 大和上野ビル7F 代表取締役:坂田清茂)は、このたび『アスレチックシリーズ』から「片持ちけんすい棒」を2020年6月より発売する運びとなりました。


「アスレチックシリーズ」は、遊具にも運動器具にもなる製品として発売を開始し2015年に、第一弾となる「うんてい」と「のぼり棒」を、2016年には第二弾として「DECO」「けんすい棒」を発売しこれまで約3,000個出荷し戸建だけでなく保育園などにも採用されてまいりました。
 

昨今コロナウイルスの影響による外出自粛があり、大人も子どもも運動不足を実感しより家で手軽に運動できる需要がこれから高まると考え、今回の「片持ちけんすい棒」を発売する運びとなりました。

これまでけんすい棒は「壁付けけんすい棒」「両壁けんすい棒」と2つバリエーションがありましたが、下地が必要など設置条件が限られていました。新発売の「片持ちけんすい棒」は柔軟に設置できるように間柱に設置できる仕様といたしました。
 

また、ブレースがあるため横揺れに強くほかのアスレチックシリーズ同様に持ち手にはローレット加工を施しているため滑りにくいようになっています。家で気軽にぶら下がるだけのストレッチは肩こり解消や姿勢矯正だけでなく、ストレス解消にもつながり、健康増進の一手として活用できます。


■アスレチックシリーズ カラーバリエーション追加

今回の発売に合わせこれまで4色だったアスレチックシリーズの対応色を拡大し、全10色の対応とすることになりました。カラーバリエーションが増えたことにより、さらにインテリアに合わせ部屋のトータルコーディネートができるようになりました。
 


出典:カツデンアーキテック株式会社

建材ナビ・スタッフより 巷を賑わせ続ける感染症により、多くの人が在宅での時間を余儀なくされました。『おうちでできること』を改めて見直した方も多いのではないでしょうか。
外出しないことによる懸念点はなんといっても運動不足による健康被害。テレワークが推奨されつつありますが、やはり通勤・通学の日常の中での移動は健康のために必要だった…なんて声もありました。

室内に居ながら、遊びや運動を楽しめることで特におすすめしたいアスレチックシリーズにこの度「片持ちけんすい棒」が仲間入り。設置の際の自由度が高まり、導入検討の一助になることでしょう。
「宅トレ大好き」な方、そして「懸垂大好き!」な老若男女全ての方に知ってもらいたい製品です。
気になる方はお気軽にお問い合わせください。

住宅に遊び心とクリエイティビティをプラスしたアスレチックシリーズ
詳細はこちらから。

 
この記事のメーカーにお問い合わせ
TEL: 03-5812-2295 / FAX: 03-5812-2297