「ウイルテクト」シリーズが iF DESIGN AWARD 2021受賞

コロナ禍における社会的貢献度を評価、2020年度グッドデザイン賞とダブル受賞

アイカ工業株式会社の抗ウイルス建材「ウイルテクト」が、国際的に権威あるデザイン賞のひとつである「iF DESIGN AWARD 2021」を受賞しました。2020年10月の「グッドデザイン賞」に続き、2つ目のデザイン賞受賞となります。
また、2011年には指紋レスメラミン化粧板「セルサス」で「iF DESIGN AWARD 2011」を受賞しており、当社としては2回目の受賞となります。
 


「ウイルテクト」シリーズは、抗ウイルス剤練込メラミン化粧板「アイカウイルテクト」をはじめとする抗ウイルス建材シリーズで、ウイルス+プロテクトを語源としています。「アイカウイルテクト」は、当社の主力商品であるメラミン化粧板に、製品上の特定ウイルスの数を減少させる<抗ウイルス性能>と、特定の細菌の増殖を抑える<抗菌性能>を付加した製品です。傷に強く、耐薬品性、耐汚染性に優れるといったメラミン化粧板の特長を維持しつつ両性能を付加していることから、ウイルス・細菌対策に寄与する建材としてご好評をいただいています。今回の受賞では、新型コロナウイルスが世界的に流行する中、Function(機能性やユーザビリティ)とImpact(社会的貢献度や持続可能性)の審査項目で高い評価を受けました。

当社では、このたびの受賞を励みとし、人や環境、社会に対して「優れたデザイン」をもつ製品の開発・提供をさらに推進するとともに、抗ウイルス製品の普及を通じて、誰もが暮らしやすい持続可能な社会づくりに貢献してまいります。

製品サイト:http://www.aica.co.jp/products/willtect/naisou/

iF DESIGN AWARDウェブサイトでの紹介ページ:
https://ifworlddesignguide.com/entry/312535-virutect-series

▶▶建材ナビで「ウイルテクト」の詳細をチェック!


【iF DESIGN AWARD について】
iF International Forum Design GmbH(ドイツ・ハノーバー)が運営するiF DESIGN AWARDは、1953年から続く、世界で最も歴史のあるデザイン賞です。現在はプロダクトデザイン、パッケージデザインなど9つの分野で構成されています。IDEA賞(アメリカ)、レッド・ドット・デザイン賞(ドイツ)と並ぶ"世界3大デザイン賞"として広く認知されており、その受賞作品は世界的に高く評価されています。今回は、世界52か国から過去最高となる9,509点の応募があり、21か国から参加した98名のデザイン専門家による最終審査の結果、1,744社が受賞しました。

iF DESIGN AWARDオフィシャルサイト:https://ifworlddesignguide.com/

※本製品は感染予防を保証するものではありません。
※医薬品や医療機器などの医療を目的とする製品ではありません。
※抗ウイルス性能は全てのウイルスに対して発現するものではありません。また、すべてのウイルスに同様な試験結果が得られるとは限りません。
※抗菌性能は全ての細菌に対して発現するものではありません。また、すべての細菌に同様な試験結果が得られるとは限りません。
※本製品に関する詳細は、製品サイトまたはカタログをご参照ください。



出典:アイカ工業株式会社
あとがき 世界3大デザイン賞に数えられる"iF DESIGN AWARD"の受賞で、ウイルテクトシリーズの魅力はさらに広く周知されました。ウィズコロナの情勢が続き、感染予防は予想を上回る長期課題となっている今、このような製品は私たちの生活にますます欠かせない存在になっていくことでしょう。
大切な住空間や日々触れる場所に、ぜひウイルテクトの導入をご検討ください。
この記事の製品資料をお取り寄せ
TEL: 052-409-8313