最新カタログ

サッシ・シャッター

デザインだけでなく、断熱性、機密性、省エネにも効果的なサッシ・シャッター・雨戸を揃えました。

住宅建築や商業施設、店舗設計には欠かせない素材が開口部材と呼ばれる サッシやシャッターの多岐にわたる種類をそろえました。 サッシとは、よく目にする窓ガラスの枠の部分のことを総称としてサッシと 呼びます。厳密にいえば、窓ガラス廻りの框(かまち)部分や金具、部品なども 合わせて、窓サッシと呼ばれることが多いです。 実用性だけでなく、断熱性能やデザイン性も向上しています。

関連カテゴリー

シャッターはどこに使う

主にイメージするのは、お店を閉める時に、出入口の扉より外側に設置することで 防犯の役割を果たすことができます。 多くは、ドア上にシャッタ-ボックスを設置し、鋼製のシャッターが ロール式(巻き上げ式)で下がってくるというのが一般的です。手動や自動もあり 予算や用途によって使い分けます。 住宅でも窓の外側にシャッターが防犯や防火のために設置されていますので、 一度確認してみてください。 昔は、シャッターの代わりに、雨戸が設置されており、閉めるのに手間がかかりましたが、 今は簡単に開閉ができるようになりました。 車のビルトインガレージ、オープンテラスのカフェなどでも、いろいろな種類のサッシやシャッターが使われていて、それを種類ごとに分けているので、探しているものが 見つかるかもしれません。