最新カタログ

オーニング(雨よけ・日除け等)

ロールタイプ、ボックスタイプ、開閉タイプのオーニングから、角度調節可能なオーニングまで、 商業施設や公共施設など、デザインや用途にあわせて選べるオーニングを多数ご用意しました。

一般的にはあまり知られていない、「オーニング」。日よけとかテントという言葉のほうが普段耳にするかもしれません。 カフェや飲食店さんなどお店の軒先から日よけ用として屋根のように飛び出している ものをオーニングと呼び、キャンパス生地で出来ている素材が多いです。 一般住宅でもお庭などで、日差しを抑える目的で取り付けされていて、その下では ウッドデッキがあったり、プール遊びをする子供たちがいたりと直射日光を遮るだけで 体感温度も下がり、楽しくお庭で過ごすことができる優れものです。

関連カテゴリー

倉庫や工場、施設での日よけ対策は

屋根がある場合は、屋根に遮熱塗料を塗ることで、屋根から室内への熱を大幅に 抑えることが出来ますが、屋根がない場合、特に屋外の場合の対策を考えることが 施設運営側や自治体、企業側に求められています。それを防ぐのが 大型テントと呼ばれている、大きな施設で効果を発揮するテントです。 使用場所や用途にもよりますが、イベント会場、インドアスポーツ施設などでは 密閉性や安全性も必要なので、構造と一緒になった構造用大型テントや不燃膜天井などが よく使われています。スペースがそれほど広くなければ、ユニット一体型のテントなど も倉庫などで使用されています。 また、屋外通路などでも直射日光を避けるために キャンバス生地のテントを使用しています。 一般家庭やお店の軒先で使われるオーニングにも、サイズの大きな大型テントが 用意されており、より広い範囲で日よけを考える場合は、こちらを使うことも 多いです。重量があるので、取り付けには専門業者による補強なども必要になります。

オーニング(雨よけ・日除け等)探しに役立つ記事はこちら

オーニング(日よけ)の設置方法
カーテンだけではどうしても暑く、クーラ-を強めにかけてしまい、結局電気代が上がってしまう夏。日よけを設置して電気代も抑えたいと考える方に、自分で出来る設置方法をまとめてみました。
ベランダ・庭のオーニング(日よけ)効果と設置方法
夏の日差しが強くなってくると、カーテンだけでは暑さが緩和されず、ついついクーラーを強くしてしまいますね。そこで、庭先やベランダにオーニングを設置して、快適な空間を手に入れませんか。