戸建住宅向け地盤調査「表面波探査法」

住宅
【住宅向け】地盤にキズをつけない非破壊検査!無駄な地盤改良・杭工事を削減してコストダウン!
「表面波探査法」は、起振機で地面に微弱な振動を与えて、検出器(センサー)で表面波(地震波)の伝わる伝播状況と速度を解析する地盤調査法です。
ガラや礫があっても深さ10mまでの地盤データが収集できます。

地盤に穴を空けず非破壊で計測する事で面的な調査・解析が可能となり、不同沈下の可能性を極限まで予測できます。精度の高い解析で地盤の固さのみならず沈下量まで計測し、不必要な地盤改良・杭工事が減少するため、建築コストダウンを実現します。また、大きな重機が動いて発生するCO2や地盤改良による土壌汚染も減少します。

【特徴】
■敷地内では5箇所の測定を行う
→建物の予定位置の4隅および真ん中に測点を設け調査
→地盤の固さと沈下量を計測。
■人の勘に頼らない正確な数値
■「点」ではなく「面」で測定
→測定:検出器と検出器の間の範囲(通常1mの円形の範囲)
→礫や異物による部分的な情報ではなく、平均的な地盤情報を得ることが可能

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。
戸建住宅向け地盤調査「表面波探査法」
■ 画像をクリックでメーカーHPへ

ビイック株式会社に問い合わせる

製品動画

会社情報
〒113-0021
東京都文京区本駒込6-20-4
TEL: 03-3947-7631
FAX: 03-3947-7675