最新カタログ

外構・舗装材

バリエーション豊富な舗装材・外構床材を多数展示しています。スピーディーな検索をしていただくため、お客様の目的に合った項目にグループ分けしました。
街や公園、住宅都市を設計する環境設計や土木設計で、基本となるのは人々の安全にしっかり配慮した歩道。また、車やオートバイを安全に走らせる道路も重要です。 これら歩道や道路の工事で大きな役割を果たすのが舗装材です。 歩道では、デザイン性と耐久性を兼ね備えた、平板、ブロックタイル、インターロッキング、石材、タイルなどが一般的によく使われています。 今は、遮熱効果がある塗装を塗ったり、デザインコーティングとしてカラーを塗ったり、 いろいろな柄デザインを施したスプレー式の塗り床など、デザイン性に優れた舗装材が増えました。 街の歩道だけでなく、住宅やマンション、ビルなどのアプローチなどでも、これらの舗装材が多く使われています。

住宅の駐車場やアプローチで使えるのは

歩道や道路で使っている舗装材や舗装仕上げは、住宅の駐車場の床や玄関からドアまでのアプローチにも最適です。アスファルトやコンクリートだけでは、殺風景ですので、 コンクリートの上にデザイン柄のシートを敷き、その上からスプレー式の色を塗ることで シートを外すときれいな模様が出来上がります。 ほかにも乱張りの石材をアプローチに 張ることで高級感を出したり、砂利や植物を使うことで和風演出もできます。 タイルと玉石を交互に並べるだけでも、きれいな通路が出来上がります。 駐車場では、車への耐久性が必要ですので、タイルなどは割れの心配がありますので 注意が必要です。

舗装材の選び方

いろいろな種類の舗装材があるので、住宅の場合は、まずはどのようなデザインにしたいかを考えてみてください。建物とのバランスもあると思います。洋風か和風か、 無機質か自然素材か。 和風でしたら、砂利や玉砂利と石材を使いながら、その間に 植物を置いてみたり。洋風でしたら、タイルやレンガ、デザインブロックなどを敷くのも良いかもしれません。デザイン塗り床も洋風デザインが多い素材です。 たくさんの中から、発見も含め楽しく見つけることが出来るので、まずは、多くの素材をチェックしてみてください。