最新カタログ

サイン・看板

ショップサインや路面広告、LED看板、ライトパネル等、店舗合わせた様々なタイプの看板を揃えました。
商業施設、店舗(飲食店、物販店)を効果的にお客に宣伝PRする方法の1つが 店名や商品名が表示されたサイン看板を設置する方法です。 サイン看板の種類では、大型看板や袖看板と呼ばれる、建物や店舗の外壁面に設置する 看板を多く街で見かけます。中にはビルの屋上に設置して、広告を見てもらう塔屋看板と呼ばれる大型看板もあります。車に乗っているとよくビルの屋上でみかける看板のことです。さらにデザイン性を高めた、LEDサイン看板なども人気があります。 一般的な看板の中にLEDを設置し、看板自体を光らせる方法もありますが、チャンネル文字と呼ばれる立体文字をLEDバックライトで間接照明のように、光らせる事で、文字が 立体的に浮き上がったように見える方法が非常に人気があります。 サイン看板メーカーとLEDメーカーで様々な種類のサインを用意しており、価格を抑えた製品も出てきています。設置場所、内容によって価格は変わりますので、イメージを伝えることで、参考になる概算の見積りなどが出てくるので検討がすぐできます。

関連カテゴリー

サイン看板の使い方が幅広くなった

大型看板やチャンネル文字看板だけでなく、今ではライトパネルやパネル照明と呼ばれる 壁面を商品PRとして使ってしまう手法です。スポットライトのように光を当てるのでは無く、パネル自体(表示面)が光を発行する面発光(LED基盤を埋め込むLED内蔵タイプの導光板)として演出ができるようになりました。 アパレル業界などでは、壁面全部を使った迫力あるブランドPRを発信したり サービスエリアや商業施設などでは、フロアガイドやレストランメニューなどで使用する ケースが多く見られます。 飲食店や雑貨店などでは、入口にライトパネルを設置し、イベント情報やメニューなどを 表示しているのも街中でよく見かけます。 大きな物から細かい物まで幅広く使えるようになったサイン看板には、場所や内容ごとの使い分けが簡単に出来るようになりましたので、色々メーカーや看板製品の施工例などを参考に選んでみてはど うでしょうか。

サインとは、例えば、公共施設や商業施設の標識や案内図など、人々の生活を取り巻く表示に関するものをいい、屋外、壁・床など様々な場所で仕様されます。 バックライトパネルで光るもの、セラミックのもの、蓄光部分が発光するもの、アクリル、ABS樹脂、LEDディスプレイ、3Dラミネートなど取り揃えております。 看板(かんばん)とは、広告や宣伝などに使われるもので、路面広告、LED看板、ライトパネル、印刷ものでいえば、ロールスクリーン印刷、壁紙印刷、すだれやブラインド印刷など、様々な手法が選べます。

サインとは、例えば、公共施設や商業施設の標識や案内図など、人々の生活を取り巻く表示に関するものをいい、屋外、壁・床など様々な場所で仕様されます。 バックライトパネルで光るもの、セラミックのもの、蓄光部分が発光するもの、アクリル、ABS樹脂、LEDディスプレイ、3Dラミネートなど取り揃えております。 看板(かんばん)とは、広告や宣伝などに使われるもので、路面広告、LED看板、ライトパネル、印刷ものでいえば、ロールスクリーン印刷、壁紙印刷、すだれやブラインド印刷など、様々な手法が選べます。