最新カタログ

階段材

屋内外の階段は、建物における動線の確保という役割のほか、安全性・意匠性・形状・素材の質感なども重要な選択要素であり、バリエーション豊富に取り揃え。

よく使われる階段のデザインを知る

階段の種類でよく目にするのは ストレート階段(直階段)、 螺旋階段(らせん)、かね折れ階段(L字まがり階段)、折り返し階段(回り階段) などになります。 室内空間を長く取れる場合には、直階段でシンプルに造作する のがすごくきれいな納まりになります。 長さがあまり取れない場合には、L字階段がシンプルに仕上がります。 長さも取れず、壁に囲まれる設計の場合には、折り返し階段でコの字型のように 造作される事が一般的です。ただし、装飾などで壁を飾る事もできますので、 雰囲気を創ることができます。

階段の素材にもおしゃれしたい

温かみのある木材で作った階段は、手触りや肌触りの心地よさが人気です。 洋風住宅では、カラー塗装などを施し、おしゃれな手摺りや階段など遊び心満載な 空間も創れます。 吹き抜けなどある重厚な室内空間では、螺旋階段(らせん)とロートアイアンの手摺りを 組み合わせた高級感を演出することもできます。  商業施設などに多いですが、ガラス階段もおしゃれで人気があります。床板をガラスにしたり、手摺りにガラス板をはめ込んだり。 素材1つで色々な雰囲気を創りだすことができるのが階段の魅力です。

階段の種類としては、オープン階段(スケルトン階段、ストリップ階段、シースルー階段)、木製階段、らせん階段などがあり、家庭で使えるものからオフィスや施設などで使えるものなどいろいろあります。 オープン階段、スケルトン階段、ストリップ階段、シースルー階段は呼び方の違いで、どれも蹴り込み板がなく、下が空いていてオープンになっている階段です。 階段の先を見通せる階段ですので、非常に開放的で陽の光が部屋に届きやすく、デザイン性が高いのが特長です。スタイリッシュな階段ですので人気が高いです。 木製階段は、住宅で最も使用されている階段です。 螺旋階段も人気の階段です。シルエットがキレイならせん階段は設置することでお部屋がおしゃれに見えます。 その他にも商業施設やオフィスなどでおしゃれに演出するガラス階段、階段手摺りをおしゃれに演出するロートアイアン階段手摺り、ロフト用階段、屋外で使用する野外階段などございます。

他の建材をお探しの方はこちらから。