最新カタログ

合成木・人工木・再生木

耐久性・耐候性・耐摩耗性に優れた素材として人気の高い、合成木・人工木材・再生木製品などの製品を用途に応じて比較ご検討ください。

合成木材、人工木材は、天然の木材のように似せてつくられた製品です。一般的に人工木材とか合成木材とか言われているものは本物の木(天然木)ではなく、自然の木に似せてつくられた工業製品を指します。特長としては、腐食しない、割れやササクレが生じない、色あせがほとんどない、シロアリがつかない、などがあげられます。 天然木に比べると人工木や合成木はメンテナンスの手間がほとんどかかりません。 合成木や人工木は、エクステリアや外装用として、フェンス、デッキ(ウッドデッキ)、パネル、ルーバーなど幅広い用途に使用頂けます。

使う場所を考える:人気のある使い方を知ってみる

住宅の庭やベランダで目隠しフェンスとしての活用は人気があります。 フェンスでは横桟にして使う事が多いですが、もう1つ人気がある使い方が。 人工木や合成木を縦桟にして、目隠しルーバーとして使います。 住宅のプライバシー確保もできますが、建物のワンポイントとして 木目調のルーバーを装飾として演出もしています。 窓廻りに施工するルーバーは 面格子と同じ役割になり、防犯上でも威力を発揮します。

合成木材、人工木材は、天然の木材のように似せてつくられた製品です。一般的に人工木材とか合成木材とか言われているものは本物の木(天然木)ではなく、自然の木に似せてつくられた工業製品を指します。特長としては、腐食しない、割れやササクレが生じない、色あせがほとんどない、シロアリがつかない、などがあげられます。 天然木に比べると人工木や合成木はメンテナンスの手間がほとんどかかりません。 合成木や人工木は、エクステリアや外装用として、フェンス、デッキ(ウッドデッキ)、パネル、ルーバーなど幅広い用途に使用頂けます。
他の建材をお探しの方はこちらから。