Special Interview for Architects
2020年 夏号

【THE SPACE DESIGN】では、これからの住宅や商業施設における設計、デザインの動向を知り、そこで使用されるさまざまな建材アイテムの方向性を探るため、設計士、建築デザイナーを中心とするプロフェッショナルの方々に取材してまいります。

どのような案件においても、クライアントとの"対話"を何よりも大切にしています。
マイホームであれ店舗であれ、思いの丈をぶつけてくださいといつもお伝えしています。

LUSTYdesign Inc.

大江俊輔(SHUNSUKE OHE)

一級建築士/インテリアデザイナー

〒550-0003
大阪府大阪市西区京町堀1-14-28 UTSUBO+2 302号

TEL:06-6136-6607 
FAX:06-6136-6707  


<経歴>
1981年 兵庫県生まれ・大阪府育ち
 
高校より建築を学びはじめ、大学卒業後、建築・不動産会社やアトリエ系設計事務所、店舗設計施工会社での勤務の後、LUSTYdesign設立(2017年に法人化)
 
現在に至る

現在進行中のプロジェクトを教えてください。

 高級外車の販売・展示をメインとしたショールームや戸建て住宅、飲食店、大規模共同住宅の共用施設のリノベーションなど、建築設計から店舗などの内外装デザインなど、ありがたいことに多岐にわたるお仕事をさせて頂いております。



一般ユーザーさん又は店舗オーナーさんから、難しい注文や無理な注文などもあると思いますが、その場合にはどのように対応されていますか?

 私のスタンスとして、クライアント(一般ユーザーや店舗オーナーなど)との対話を何よりも大切にしています。
ですので、要望の全てを先ずは受け入れるようにしています。
我々プロは頭の中で空間の全体像を瞬時にイメージする事が出来ますが、クライアントはそうではありません。
頂いた要望に対して一つ一つ説明させて頂くことで、クライアントの頭の中も整理がつき、最終的には双方にとってベストな空間に仕上げさせて頂いています。
マイホームであれ、店舗であれどんな案件においても、クライアントは沢山のお金を費やし、そして夢や希望を抱いて依頼をして下さっています。
その想いにお応え出来るよう、対話の重要性を念頭に置きながらデザインをさせて頂いています。


建築士・デザイナーとして仕事にやりがいや喜びを感じられるのは、どんな時でしょうか。

私自身が納得のいくクオリティで仕上がり、且つクライアントにもご満足頂けた時でしょうか。
この両方が成立してこそのやりがい・喜びです。
どちらかが欠けてはいけません。
仮に私だけが満足していては、それはデザイナーの自己満足に過ぎませんからね。



これまでの設計・デザイン案件の中で、印象深い案件はありますか?

独立して間もない頃、とあるドクターから自宅のリノベーションのご依頼を頂きました。
職業柄か、とにかく研究熱心な方でした。
建築素材やインテリアのトレンドに関して驚く程の知識・情報をお持ちで、毎回の打ち合わせが非常に中身の濃いものでした。
正直なところ、私自身が知らない事もあり、慌てて情報収集した記憶があります。お陰で私自身の知識も増えましたし、その案件を通して新たなデザイン手法を取得することが出来、お仕事を頂けた事に今でも感謝しております。


こんな案件をやってみたいというものはありますか?

リゾートホテルの設計・開発に携わりたいですね。

私自身、ホテルという場が非常に好きで、プライベートでも旅行を兼ねて色々なホテルに宿泊させて頂いております。いつ案件の依頼が来てもいいように、常に様々なホテルのトレンドを研究しております。きっと、かなり良い空間をご提案出来ると思いますので、ご依頼をお待ちしております!


設計事例

Special Interview for Architects
2020年 夏号

【THE SPACE DESIGN】では、これからの住宅や商業施設における設計、デザインの動向を知り、そこで使用されるさまざまな建材アイテムの方向性を探るため、設計士、建築デザイナーを中心とするプロフェッショナルの方々に取材してまいります。

どんな案件においてもクライアントとの対話をかなり重視しています。
マイホームであれ店舗であれ、思いの丈をぶつけてくださいといつもお伝えしています。

LUSTYdesign Inc.

大江俊輔
(SHUNSUKE OHE)

一級建築士

〒550-0003
大阪府大阪市西区京町堀1-14-28 UTSUBO+2 302号

TEL:06-6136-6607 
FAX:06-6136-6707  


<経歴>
1981年 兵庫県生まれ・大阪府育ち
 
高校より建築を学びはじめ、大学卒業後、建築・不動産会社やアトリエ系設計事務所、店舗設計施工会社での勤務の後、LUSTYdesign設立(2018年に法人化)
 
現在に至る

現在進行中のプロジェクトを教えてください。

 高級外車の販売・展示をメインとしたショールームや戸建て住宅、飲食店、大規模共同住宅の共用施設のリノベーションなど、建築設計から店舗などの内装デザインなど、ありがたいことに多岐にわたるお仕事をさせて頂いております。



一般ユーザーさん又は店舗オーナーさんから、難しい注文又は無理な注文などもあると思いますが、その場合にはどのように対応されましたか?

 先ずはある程度の要望は受け入れるようにしています。私はクライアントとの対話をかなり重視しています。我々プロは頭の中で全体像をイメージし、整理できますが、クライアントはそうではありません。マイホームであれ、店舗であれどんな案件においてもクライアントは沢山のお金を費やして依頼をしてくださっています。ですので、思いの丈をぶつけて下さいといつもお伝えさせて頂いています。
要望一つ一つにお答えさせて頂くことで、クライアントの頭の中も整理がつき、最終的にはいつもご納得頂いております。


設計士・デザイナーとして建築に携わられて、仕事にやりがいや喜びを感じられるのは、どんな部分でしょうか。

自分自身が納得のいくクオリティで仕上がり、且つクライアントにも喜んでいただけた時にこの上ない喜びを感じます。どちらかが欠けてはダメですね。



今まで請けた設計・デザインの仕事の中で、興味が持てた・非常に面白かった・やりがいのあったなどと思われた案件はありますか?

まだ独立して間もない頃、とあるドクターから自宅のリノベーションのご依頼を頂きました。職業柄が影響されているのか、建築素材やインテリアのトレンドに関してもかなり研究熱心な方で、驚く程の情報量をお持ちでした。
正直なところ、私自身知らない事も多々あり、慌てて情報収集して勉強した記憶があります。お陰で私自身の知識も増えましたし、その案件を通して新たなデザイン手法を手に入れることが出来、今でもお仕事を頂けた事に感謝しております。


今はまだ出来ないけれど、いつかこんな仕事をやってみたいというものはありますか?

リゾートホテルの設計・開発に携わりたいですね。私自身、ホテルという場が非常に好きで、プライベートでも旅行を兼ねて色々なホテルに宿泊させて頂いております。いつ案件の依頼が来てもいいように、常に様々なホテルのトレンドを研究しております。きっとかなり良い空間をデザインできると思いますので、お待ちしております!


設計事例