小松原 敬 / 建築家 設計士インタビュー(設計とは『住まいの大事なDNA』)|建材ナビ

◆プロフィール

アース・ワークス 一級建築士事務所 小松原 敬


大学では心理学を専攻していた設計業界では変わりものです。
その後早稲田大学芸術学校建築設計科を卒業。デザイン会社で一般建築、シティホテルの
内装・店舗設計を経験。
平成10年に独立、現在に至る。
事務所は共同設計事務所になっていて、様々な人材がいます。

 
デザイン・設計の相談をする
今回ご登場いただいた小松原先生への相談はこちらから
◆小松原先生は建築家として主に得意とされる設計分野または、デザイン分野というのはございますか?
■うちの事務所はそれぞれ独立して事務所を開いている仲間6人がそれぞれ違うスキルをもっていますので、いろんな仕事をやっています。
私は住宅・共同住宅をメインに小規模なビルや商業施設も扱いますが、構造設計事務所やキッチンスペシャリスト、変わったところではWebデザイン、ランドスケープを扱うものもいます。
 

◆ 今まで請けた設計・デザインの仕事の中で、特に興味が持てた、非常に面白かった、やりがいがあったなどと思われた案件はありますか?それはどのような内容でしたか?
  ■施主さんに明確な目標やポリシーがあって、それに向かっていろんな相談をしてくる人、が面白い案件になります。
これまでの案件では斜面の土地(そのままでは狭く建てても危険)に、地下を造って、その上に木造を建てた2世帯住宅が面白かったです。建てる前には、こんなところにそんな広い家が建つの?と思うような土地でしたが、思いのほか広く、斜面なので眺めや日当たりも最高に良い家になりました。
ちなみに地下にも斜面側に掃き出しの窓がとれます。RCの上に木造をのせていると地震にも強く、結構大きな揺れの時も感じなかったと施主さんがおしゃっていたのが印象的でした。
◆ 一般ユーザーさんに対して、良い家を建てる為に先生から建築士として何かアドバイスがあれば教えてください。
■どのような建物であっても、設計がない建物はありません。設計とは人間で言えば、遺伝子(DNA)です。DNAによって、それがどのような姿や機能になるかが決まるのです。
ですので、設計費が計上されていない見積もりや極端に安い見積もりには注意を払ってください。どのくらいの手間や作業をDNAにかけているかが、良い家になるかのポイントです。
◆商業施設なども手掛けられていらっしゃいますが、店舗オーナーさんに対して、良いお店創りをする為に何かアドバイスがあれば教えてください。
■良いお店というのは、結局はどれくらい良いサービスや商品をお客様に提供できるか、ということです。
極端に言えば、掘っ立て小屋のようでも繁盛しているお店はあります。
私たちができることは、どうやって良いサービスや商品を提供するか、を考えていく中で店舗の設計内容がどれだけそれに貢献できるかを考えることです。
 
◆先生が今、最も注目している建築技術または工法などございましたらその内容、あるいは挙げられた理由などを伺いたいのですが。
■地盤減震システムというのを、最近ある地盤調査会社が開発して注目しています。原理は簡単で、ベタ基礎の下に摩擦係数の低いシートをひいて、ある一定以上の地震が起きた時にそれが滑って振動を軽減するというものです。
だるま落としの原理ですね。これは以前から設計業界では知られていた効果を商品化したものです。コストが安く、建築基準法にかかわりなく設置できるので非常に採用しやすいと思います。
◆取材後記
 これまで、さまざまなタイプの建築設計家の方々にお話を伺ってまいりましたが、皆様がそれぞれ独自のポリシーで仕事に取組まれています。
 ひとつだけ全ての設計の先生が共有されている考えとは、家を建てる側、つまり施主の方が漠然と家を建てるのではなく、どんな家にしたいか、そこでどんなライフスタイルを過ごしたいかなど、これから建てる家に対して、より具体的な要望やポリシーを持って欲しいという点でした。そこで初めて設計する側と住まう側の明確な協働作業が生まれ、結果として快適な家が手に入れられるというメリットとなるのです。店舗にしても同じことがいえると思います。
 何となく一般ユーザーにとって、敷居の高い感のある建築家ですが、小松原先生がおっしゃる「設計は住まいの大切なDNA」という表現から、やはりもっと積極的に設計の段階から、納得行くまで相談し、施主の要望をしっかり伝えていくことが大切なのだと実感いたしました。

取材・文 建材ナビディレクター 中島