建材ナビ 設計士

設計士 建築デザイナーを中心とするプロフェッショナルの方々へのインタビューを掲載!
プロの設計士の考え、仕事のスタイル、アドバイス等のお話を伺いました。

建材ナビ 設計士

これからの住宅や商業施設における設計、デザインの動向を知り、そこで使用されるさまざまな建材アイテムの方向性を探るため、設計士 、建築デザイナーを中心とするプロフェッショナルの方々に取材してまいります。
THE SPACE DESIGN シーズンインタビュー>2012秋Ⅰ号 一級建築士事務所小野建築設計室 小野 誠一 氏
2012 Autumn Vol.1 一級建築士事務所小野建築設計室 小野 誠一 氏
小野建築設計室
 建材ナビの建築Q&Aコーナーで多く見かけるのが、現在の住まいの問題に対しての解決法についてです。また、現在工事中の施主さまから「始めに話していた要望が反映されなかった」などといった体験もしばしば聞かれます。そんな時、設計士の方々から、例えばDIYでの解決法から、法的機関への相談の必要性など、その人に応じたアドバイスを頂くことがあります。 今回インタビューさせて頂いた小野先生も、そのお一人です。
 新築はもちろん、耐震改修やリフォーム、欠陥住宅への対策など、様々な知識と経験を基に、住まい手の悩みやトラブルを解決して満足に繋げる事ができる「頼れるまち医者」のような存在を目指されているとの事。自然素材にこだわったマンションリフォーム事例にもご注目下さい。
取材・編集
建材ナビ制作ディレクター 森田英理子

森田 : 本日はどうぞ宜しくお願い致します。はじめに、小野先生の得意な設計分野についてお聞かせ下さい。
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
主に住まいづくりに関わる仕事をしています。
設計事務所というと、資金のある方が特徴的な作品づくりをするところと思われる方もいると思いますが、私の場合は、全くその逆をいっている感じです。

人は、どんな環境に置かれても、自らの(家族の)居場所を持つことと、その居場所を居心地の良いものにしたいという権利と欲求を持っています。
資金の有る無いや計画の大小に関わらず、そうした人たちの望みを叶える役に立つことが建築士としての社会的役割であるべきだと考えています。地域のまち医者のような存在を目指しています。
一定の線引きをして、そのラインに満たない人はお断りというようにはしたくないんです。

森田 : 設計を依頼される施主さまにとって、とても安心できるお言葉だと思います。それぞれの人にとって最も適している「処方せん」を提案するようなイメージですね。具体的にはどのような業務になるのでしょうか?
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
そうですね、新築や建替えといった事以外にも、家具の移動や暮らし方の見直しで解決していくこともあれば、さまざまな補助制度を活用しての小さな改修リフォームなどもあります。今は耐震診断、耐震改修を兼ねたリフォームの相談が多いですね。また、欠陥住宅の相談から、調査、意見書づくり、しいては弁護士さんと調停や裁判での証言に立つことなどもあります。

どんな小さな計画であっても、建築士がきちんと住まい手と一緒になって設計と監理をすすめていくことが大切だと考えています。
建築トラブルを生んでいるケースの多くが、住まい手の方のイメージがきちんと伝わっていないままだったり、建築士や工務店へのお任せ的であったり、監理がきちんと行われていなかったり、記録が残されていなかったり、というものだからです。

また、住まいは、暮らし始めてから歴史を刻んでいきます。良い歳のとり方ができるように、住まい手の方に提出する工事完了報告書の中に、工事中の記録をきちんと整理し、また使用した建材のメンテナンスの仕方や中長期修繕計画なども作成してお引渡しするようにしています。

事例紹介:マンションリフォームで自然素材をいかした暮らし
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
利便の良い中古マンションを購入、ご夫婦二人暮らしへのリフォームです。
以前住んだアパートで、咳が止まらずに引越した経験から、極力新建材を用いずに計画していくことになりました。

※画像をクリックすると拡大します。
マンションリフォームで自然素材をいかした暮らし
玄関
マンションリフォームで自然素材をいかした暮らし
下足入
マンションリフォームで自然素材をいかした暮らし
スイッチプレート

マンションリフォームで自然素材をいかした暮らし
キッチン
マンションリフォームで自然素材をいかした暮らし
たたみリビング
マンションリフォームで自然素材をいかした暮らし
寝室

【設計のポイント】
 マンションの床は、遮音システムとして、一般にパーティクルボードが使われていますが、これは使わず、根太掛け用の遮音下地を用い、杉の根太と荒板で組みました。そして、水廻り以外のすべての床を、国産藁床畳を敷いています。
  間仕切りには、適所に杉柱を建て、真壁とすることで、ここがマンションである事を感じません。その他仕上は、床や壁に檜、杉、井草和紙、漆喰(建て主さんと一緒に仕上ました。)、スイッチ・コンセントプレートまで国産自然素材で徹底されています。
 キッチンもステンレスカウンターの下は杉材で大工さんに組んでいただきました。
 収納箱等の造作には、無垢の幅広板が入手しにくい点やコストの課題などから、杉の集成材を使いました。唯一新建材というべき材を使いました。この集成材の購入ルートや使用接着剤についても慎重に確認してきましたが、現場切断加工の際の臭気が、他がピュアな材であったためか、際立ってしまいました。接着剤、コーキング材に至るまで成分チェックし厳選の上、加工の際には換気対策を行い、その都度臭気の確認などをしながらていねいにすすめていきました。
  先日1年点検でお邪魔してきましたが、ほのかに井草の香りが残り、来られる方が、森の中にいるみたい、とおっしゃっていたのが印象的でした。
森田 : 以前の施主さまの経験や現在の状態をも踏まえ、どうしたら快適に住まえるのか。
接着剤や加工時の臭気などは、実際に現場で確認しなければ気づかない点ですよね。
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
それぞれ事情を抱えた住まい手の方の想いに、どう寄り添うか、どう共通認識をつくりだせるかという部分を大切にしています。
「普通でいい」「標準的には」という言葉が飛び交うことがありますが、その中身は人によってみんな違うんです。 その普通の暮らしを紐解く問いかけをしたり、部屋の片隅に置いてある荷物などから、暮らし方を言葉にしてみたり、時にはその方の人生に想いを馳せることからの提案などもしてみたり。安易に「それはできません」などの否定的な言葉は使わないように気をつけています。

森田 : なるほど。他に、設計・監理をする上で大切にされていることはありますか?
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
説明責任ですね。 住まいづくりの過程では、数多くの選択が必要です。その一つ一つに良い点と良くない点とが存在するものです。それをきちんとやり取りすることをしています。
これを繰り返すことで、住まい手自身も、何を優先し、何を大切にしたいのかが少しずつ見えてきたりするようで、打ち合わせがだんだん楽しい雰囲気になってきます。つまり、その方の住まいづくりにおける共通認識ができあがってくることを実感します。
さきほどの「それはできません」といった内容についても、一呼吸置いて、その理由や良い点と良くない点を説明しお伺いするという段階を踏むということを大切にしています。
それと、細かいことですが、横文字もできるだけ使わないように気をつけています。専門用語などに多いのですが、できるだけ、わかりやすい日本語に置き換えて話すようにしています。

森田 : 貴重なお話を有難うございました。はっきりとした希望や要望はもちろんですが、やりとりを重ねることで、施主様の本当に大切にしたい事が見えてくることがとても重要な点だと思います。住まい手にとって「居心地のいい居場所」を叶えるために、これからもさらなるご活躍をお祈りしております。

architect profile プロフィール
一級建築士事務所小野建築設計室 小野 誠一 氏
小野 誠一
ono seiichi
一級建築士事務所 小野建築設計室ホームページ

一級建築士事務所 小野建築設計室
profile
1965年生 法政大学工学部建築学科卒
1988年 株式会社 地域計画設計 
1989年 株式会社 矢沢建築設計室
1993年 株式会社 象 地域設計 
など、
住まいづくりを主とした設計事務所を経て
1998年 
一級建築士事務所 小野建築設計室 設立
2012年より 浅野工学専門学校 建築デザイン科 非常勤講師

資格
一級建築士
インテリアコーディネーター
特殊建築物等調査資格者
鉄筋コンクリート系マンション健康診断技術者
福祉住環境コーディネーター3級
応急危険度判定士
震災建築物被災度区分判定・復旧技術者
D.I.Y.アドバイザー
古民家鑑定士・一級
小野 誠一先生に連絡する
GALLERY