冬に備えて万全の準備を!氷点下もOKな仕上材

水性でありながら氷点下の寒冷地での施工が可能な「タイカンコート」


「タイカンコート」は、水性でありながら氷点下の寒冷地での施工が可能です。
改修時にはシーラー不要で最短1工程でも仕上げることが可能な省工程仕上げ材です。





従来の外装仕上げ材の多くは外気温が5℃以下での施工が困難であり、特に冬季の寒冷地では施工ができない場合が多く見られます。また、寒い時期に施工可能な仕上げ材も、溶剤系仕上げ材の場合は、火災・周辺環境、作業者への安全性の問題を有しています。
「タイカンコート」は、これら従来の仕上げ材の問題点を解決する、氷点下施工・寒冷期施工が可能な水系仕上げ材として開発されました。

【適用下地】
コンクリート
モルタル
ALCパネル
サイディングボード
各種既存塗装面

【樹脂の種類】
アクリル樹脂系


「透明で暮らしを守る」
株式会社セブンケミカルは透明塗膜外壁防水剤のパイオニアです


▼このメーカーの会社紹介・他製品はこちらからチェック!
▼公式サイトはこちら


出典:株式会社セブンケミカル

あとがき 株式会社セブンケミカルは、意匠性を保ちながら優れた防水機能を発揮する「透明塗膜防水材」を業界ではじめて開発・製造した、この分野のリーディングカンパニー。
1970年代から研鑽され続けている高い技術力は、製品性能に遺憾なく発揮されています。
来る冬の施工に向け、セブンケミカルの製品で備えてみてはいかがでしょうか。
この記事の製品資料をお取り寄せ
TEL: 03-3366-2616 / FAX: 03-3366-2619