紫外線カット型の木材用複合型ガラス質塗料「ファインクリスタルウッド」

木材に塗布することで優れた機能を発揮します!

■液体ガラス技術による木材用塗料工法
木材用ファインクリスタル工法は、20年に及ぶモクテックカメムラのガラス塗料の木材への応用研究により生まれた各種高機能塗料による工法です。
 
【特長】
◆木の呼吸を保つ
蒸気通過性を持ち、木材の持つ吸放湿性を妨げることがなく、呼吸を保ちます。
◆吸水防止効果
浸透性で、層を形成するため、高い吸水防止効果を保ちます。さらに磨耗や劣化に強く、塗膜のようにはがれる心配がありません。浸透性だから長く優れた効果が持続するのです。
◆紫外線カット
劣化を起こす大きな原因である紫外線をカットします。これにより、著しく耐久性が向上し、変色や木ヤセを防ぎます。
◆安全性
キシレン、トルエン、ベンゼンなど芳香族系溶剤を使用していません。
◆他の効果
ほかにも超撥水性、低粘度で作業性が高い、変色・テカリがない、木の風 合いを生かせるなど、優れた特長を数多く持ちます。
®ファインクリスタルウッド塗布面に常温ガラス塗料(木材用)を塗布することにより、さらなる耐候性・難燃性が付加されます。
※フロアー・デッキ材等摩耗が激しいと思われるところは別売のファインクリスタルフロアーハードをお勧めします。
 
【施工事例】




 
▶ 製品詳細はコチラ!

出典:《モクテックカメムラ》有限会社タートル
 
建材ナビ・スタッフのコメント
建材ナビで今じわじわとホットなワードの「液体ガラス」。
「ファインクリスタルウッド工法」は木材に塗布する液体ガラスをモクテックカメムラが20年に及ぶ研究開発により誕生しました。
木が呼吸することを保ち、且つ木に吸水防止効果をもたらし腐りの原因を作りません。
紫外線をカットする効果もあり、変色や木痩せを防ぎ耐久性も大幅にUPします。
塗布しても、木の風合いを損ねることもないので安心してご使用頂けます!
是非、気になられた方は詳細をチェックしてみてください。