デザインの視点から考える
アフターコロナの「働く場所」

【動画でチェック】フランス・パリのカルラン社にインタビュー

病院や施設、オフィスなど幅広い現場に採用されている高機能素材「アントロン®ファイバー」を取り扱うインビスタジャパン。
グローバルな視点を持つ同社による、インタビュー動画をご紹介します!


パリの老舗トレンド・デザイン会社に聞く「働く場所の最新情報」(30分)

在宅勤務の普及に伴い、「デザインの視点から今後の働く場所をどう捉えてよいのか?」と疑問に思い、フランス・パリにトレンドスタジオを構えるカルラン社にインタビューさせてもらいました。70年以上も時代の背景を読み、デザインソルーションを企業に提案し続けたカルラン社独自の視点に迫ります。

◆質問内容
Q1今後の働き方にどんな影響が残りますか?
Q2人々が製品に求める価値観は変わった?
Q3今後のCMFの役割は?
Q4オフィスは消えない?(長編のみ)
Q5オフィスの最新デザインコンセプトを教えて!
Q6広い会議室にはどんなコンセプトが似合う?(長編のみ)
Q7NGのオフィスデザインってある?(長編のみ)
Q8ホームオフィスのデザインソルーションとは?
Q9色味が持つ意味合いに変化の兆しは?(長編のみ)
Q10オフィスインテリアのデザインを依頼したらインスピレーションはどこから得る?(長編のみ)
Q11サスティナビリティーについても教えて!
Q12高い耐久性はサステイナブル?
Q13今後のオフィスインテリアに求めるものを一言で!

▼インビスタジャパンの製品はこちら

出典:インビスタジャパン合同会社
あとがき 動画に登場するCMF(カラー・マテリアル・フィニッシュ)とは、色・素材・表面仕上げのこと。日本ではあまり知られていない言葉ですが、ヨーロッパではデザインの専門分野として確立しているそうです。
これからのオフィスにはCMFを意識し、足を運びたいと思わせる空間演出が増えていくのかもしれません。働く環境の変遷に、引き続き注目したいですね!
この記事のメーカーにお問い合わせ
TEL: 03-5511-0090