JRAウインズが【超軽量天井】で生まれ変わりました!

JRAウインズ改築工事の施工実例をご紹介します

人が多く集まる映画館やホール等で、空間を演出する天井は欠かせない構成部材の一つ。
旭ビルトの超軽量天井が、この度JRAウインズの改築工事にて採用されました!
 

 


工法:超軽量天井SLC-FH工法

施工面積:5115㎡

 
▼ 今回採用された工法はこちら! ▼


【超軽量SLC-FH工法(吊天井)】
 

軽量及び吸音性、断熱性に優れた性能を維持しつつ意匠性の高い天井仕様が「超軽量SLC-FH工法」です。

■デザイン
ガイド付きのATパネルに新形状のメインバーを勘合することにより組付け後に下地フレームやビスが見えない施工が可能、意匠性が高く幅の広い多目的用途に対応できます。

■軽量
軽量でありながらも天井を構成するTバーは耐震実験においても、下地破損、部材歪み、脱落などは一切なく他のSLC工法同様に耐震性も兼ね備えております。

■性能
天井板は軽量で柔らかく吸音性、断熱性に優れたグラスウール化粧板を使用。グリットに全周接着固定することで崩落の危険性を最小限にとどめ、万が一落下しても軽量で柔軟性がある為人体に与える影響を軽減します。

>>詳細はこちら


出典:旭ビルト工業株式会社
建材ナビ・スタッフのコメント 多くの人が訪れる競馬場、JRAウインズが装いを新たに生まれ変わりました。
天井選びは、いざという時の安全性も重要な要素。脱落や落下の危険も軽減、そして断熱などの機能も充実している点から、「超軽量SLC-FH工法」は優秀な吊天井工法といえます。建材ナビではその他の天井工法もご紹介中ですので、ぜひこちらからチェックしてみてください!
この記事のメーカーにお問い合わせ
TEL: 03-6715-9994