超軽量SLC工法(吊天井・直付天井)

店舗 内装
『安全で快適な空間づくり』軽量天井
弊社施工、「超軽量天井SLC工法」は軽量及び吸音性、断熱性に優れた様々な用途形態に対応できるフレキシブルな工法です。

天井構成部材Tバーを切り欠き交差し固定することで歪みに対して強く、グリットにグラスウール天井板を全周接着固定することで地震の際崩落の危険性を最小限に止め万が一落下しても軽量で柔軟性があるため人体に与える影響を軽減します。

1000㎜×1500㎜,900㎜×1800㎜,900㎜×900㎜の3タイプのグリットから選択でき、従来までの構成部材を大幅に削減し天井面積構成部材1㎡あたり2㎏以下を可能にしました。

又自由に組み合わせる事のできるグラスウール化粧板天井下地材カラーバリエーションにより映画音響施設ホールからスポーツセンター(体育館・プール等)公共施設まで様々な用途で採用されております。

【超軽量SLC工法】
≪特徴≫
■シンプル
天井構成部材Tバーを定尺のまま使用し、メインTバーの上部とクロスTバーの下部をそれぞれ切欠き交差させSPクリップで確実に固定することにより歪みに強い構造になっております。構成部材が簡略化されている為工期の短縮につながりコストパフォーマンスに寄与します。

■断熱性・吸音性
天井板は軽量で柔らかく吸音性、断熱性に優れたグラスウール化粧板を使用。
建築基準法の規定に基づく不燃材料 不燃材料認定番号:NM-8610

■強固・耐震性
軽量でありながらも天井を構成するTバーは耐震実験においても、下地破損、部材歪み、脱落などは一切なく耐震性も兼ね備えております。
超軽量SLC工法(吊天井・直付天井)
■ 画像をクリックでメーカーHPへ
■ 今すぐカタログを見る

旭ビルト工業株式会社に問い合わせる

製品・施工画像

超軽量SLC工法(吊天井・直付天井) 超軽量SLC工法(吊天井・直付天井) 超軽量SLC工法(吊天井・直付天井) 超軽量SLC工法(吊天井・直付天井) 超軽量SLC工法(吊天井・直付天井) 超軽量SLC工法(吊天井・直付天井) 超軽量SLC工法(吊天井・直付天井) 超軽量SLC工法(吊天井・直付天井)

製品動画

会社情報
〒144-0052
東京都大田区蒲田4-32-8
TEL: 03-6715-9994