Sクリートクラック工法

住宅 店舗 外装
コンクリート補修剤塗布前後の低圧散水不要!
■Sクリートクラック工法は、超微粒子セメント+無機顔料(黒色)と、特殊専用樹脂(特殊ポリマーエマルジョン)で構成されたコンクリート補修剤(クラック充填材)およびコンクリート素地の表面被覆材です。
■コンクリート・モルタルのクラックをVカットせず注入が可能な為、クラック補修跡が目立たちません。長期間クラックの再発を防止します。
■コンクリート構造物の維持・補修においてクラック進行拡大抑制と剥離防止、美装を兼ねる効果があります。
■コンクリートとの接着性が高い「Sクリートアップ」をベースに用いクラックに専用樹脂と微粒子セメント+水を配合した混合液を注入することで仕上げ層とひび割れ箇所の既設コンクリートとの一体化性が向上し、プラスティック乾燥収縮ひび割れや剥離・剥落を予防できます。
Sクリートクラック工法
■ 今すぐカタログを見る

株式会社バークス環境に問い合わせる

製品動画

会社情報
〒152-0004
東京都目黒区鷹番3-14-13-302
TEL: 03-5794-3933
FAX: 03-5794-3934