目に身体に優しい省エネ照明 CCFL蛍光灯 株式会社日昇緑化研究所|建材ナビ

建築材料のことなら【建材ナビ】
FC・代理店募集

好評につき販売代理点募集!!

CFL照明 aiSave【アイセーブ】

株式会社日昇緑化研究所では、販売代理店募集を募集しています。

世界基準の次世代CCFL照明 aiSave【アイセーブ】

CCFLとは、冷陰極管(Cold Cathode Fluorescent Lamp)という細い蛍光管で、LED同等の省エネ性を持ち、ブルーライト問題やちらつき、まぶしさがない質の高い照明です。
震災後、LEDが普及し、最近ではブルーライト・ちらつき・まぶしさなどが原因で人間の眼や身体への弊害がでてきています。(ブルーライトは体内時計をくるわせたり、加齢黄斑変性などの一因になることもわかってきました。)
LEDは製造が簡単で利益率が高いことから大手から中小まで多くの企業が製造販売し、宣伝しているため「省エネ照明=LED」という流れができています。しかし産業界ではその弊害を解決するために、CCFLとLEDの使い分けがはじまっています。
まだまだ知名度は低いですがCCFLは産業機器光源として30年来の実績があります。