建材ナビ 設計士

設計士 建築デザイナーを中心とするプロフェッショナルの方々へのインタビューを掲載!
プロの設計士の考え、仕事のスタイル、アドバイス等のお話を伺いました。

建材ナビ 設計士

これからの住宅や商業施設における設計、デザインの動向を知り、そこで使用されるさまざまな建材アイテムの方向性を探るため、設計士 、建築デザイナーを中心とするプロフェッショナルの方々に取材してまいります。
THE SPACE DESIGN シーズンインタビュー>2012夏Ⅱ号 かんくう建築デザイン 黒田泰弘 氏
2012 Summer Vol.2 かんくう建築デザイン 黒田泰弘 氏
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
住宅のデザイン・設計をお願いする、材料を決める、工事業者を決める・・・。
住宅の設計・建築には様々な過程で多くの人々が関係します。その際に大切なのは、施主さまと設計士、そして施工業者の3方が十分にコミュニケーションができ、結果として施主さまに満足していただける家を建てることができるという事ではないかと思います。
今回は小さなお子様からご年配の方まで安心して健康に暮らせる「住宅」の設計を得意とされる、広島のかんくう建築デザイン・黒田さまにお話を伺いました。
施工業者(大工集団)との連携で、大きな満足の得られる戸建を多く手がけていらっしゃるその手法は、必見です!
取材・編集
建材ナビ制作ディレクター 森田英理子

森田 : どうぞ宜しくお願い致します。はじめに、黒田先生の得意な設計分野についてお聞かせ下さい。
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
戸建住宅です。設計事務所に勤めていた時は、公共施設や病院、文化ホールなど、比較的大きな建物を設計する事が多かったのですが、独立してからは戸建て住宅がメインとなって、いつの間にか得意分野になりました。
戸建住宅のいいところは、お客さんの喜びをダイレクトに受け取る事が出来るという点ですね。公共施設の場合、役所の方や運営される方、そして納税者など様々な方の納得いく建物を目指していましたが、戸建の場合、基本的には依頼者であるご家族にのみ喜んで頂ければいいわけですから、「ありがとう」と言って貰った時は本当に嬉しく思います。
この直接感(ダイレクト感)に惹かれて戸建住宅をメインに設計するようになり、結果として得意分野になったような気がします。

森田 : 戸建住宅を設計される中でやりがいを感じる部分はどんな点でしょうか?
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
戸建住宅の場合、それぞれのこだわりや好みをお聞きしながら、設計していくわけですがこれが面白い。

6月にお引き渡しした「三次の家」の奥さんの夢は、仕事から帰ってリビングのソファーに腰を下ろし、ビール片手に大好きなネコがのんびりしている姿を見る、というものでした。
このお宅ネコが5匹います。お客さんに満足していただくには、ネコにとって快適な家でなくてはいけません。そこでこの家は、ネコと人が楽しく生活するための様々な工夫を凝らすだけでなく、私自身ネコの気持ちになって設計しました。

戸建住宅 三次の家 ご夫婦+子供2人とネコ5匹の家
※画像をクリックすると拡大します。
戸建住宅 三次の家
外観
戸建住宅 三次の家
リビング
戸建住宅 三次の家
玄関

戸建住宅 三次の家
ダイニング
戸建住宅 三次の家
木造地上2階建て
戸建住宅 三次の家
木造地上2階建て

【メインの仕上げ】
外壁/防火サイディング張り    屋根/平瓦葺き、ガルバリウム鋼板    内部床/無垢フローリング(タモ)   
内部壁/和紙張り、杉板張り、珪藻土塗り    天井/和紙張り、杉板張り
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
このように、たまに動物の気持ちになりながら、お客さんのこだわりを形にしていくこの仕事をとても楽しく感じています。これは戸建住宅設計の醍醐味なのではないでしょうか。
ちなみにお引き渡しして数日後、お客さんから「引越しした時は警戒しとったけど、今は走りまわっとるよ。梁の上も歩いてるし、中庭にも出入りしよる。」というメールがあり、とても嬉しかったことを覚えています。
このようにお客さんの要望を聞き、それを形にし「ありがとう」と言っていただく、というのが私にとってのやりがいだと思います。

森田 : 設計・デザインをする上で最も苦労するのはどのような点でしょうか?
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
コンセプトやアイデアが出てこないときですね。これはお客さんの要望や、潜在的な要求などがつかみきれていない時が多いです。「こういう家を建てたい」と明確な要望があるときはまだ楽なのですが、まだ漠然とされている方、どのような家がいいのか自分自身まだはっきりされていない方、などは私自身どのような提案をしたらいいのか、非常に迷います。
そこで今ではあるツールを使って、けっこう掘り下げてお話しさせていただき、潜在的な要望をつかむようにしています。お話しさせていただく過程で、お客さん自身が自分自身の要求に気付く事が多くなりました。

大工集団とのコラボレーション ~工事費も抑えて「いい家」を!~
森田 : かんくう建築デザイン様では分離発注(CM方式:設計監理と工事を分離)の手法で、大工集団の工務店とのコラボレーション住宅を手がけていらっしゃいますね。
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
これまでは施工業者を決定するのに、3者程度見積もりを取っていました。しかしこれはコスト削減という「いい面」もあれば、初めて一緒にやる施工業者とだとコミュニケーション不足になりやすいという「悪い面」もあります。
又以前こんな事がありました。棟上が終わっていよいよ明日から本格的に大工工事が始まろうとしている時、工務店の現場監督からこう言われました。「1週間ほど現場を空けます」と。
それはそれで工務店の段取りもありますので特に気にしていなかったのですが、その1週間後8名の大工さんがやって来て一斉に工事を始めました。現場に行くとあれよあれよという間に出来ていきます。そして1週間ほどバタバタと工事をし、今度は3週間ほど空きました。そして又8名の大工さんがやってきてあっという間に工事をしていきます。お客さんが現場に来ることができるのは日曜日のみです。コミュニケーションも何もあったものではありませんでした。

森田 : そこで、CM方式でなおかつ施主さまとのコミュニケーションを密にとり、細やかな希望を反映できるような体制で行われているとか。
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
現在では施工業者を固定しています。今一番一緒にやっている施工業者は大工さん4人で起こした工務店で、30代40代の大工集団の工務店です。現在お客さんとのコミュニケーションを大切にし、又「いい家」を目指してタッグを組んでやっていますが、初めて見積もりを取った時あることに気付きました。それは建設費が安いということです。
これはコスト削減のために3社見積もりを取っていた時より削減できています。理由は一般的な工務店の仕事内容を、設計事務所と大工集団とで分けた事にあります。 具体的には、かんくう建築デザインが営業・プラン作成・設計・住宅ローン提案・現場監理を行います。 そして大工集団である工務店が、実際の工事・現場監督・完成後の定期点検を行います。なお定期点検とアフターフォローは一緒にやっています。 このような仕組みで家を造ると、無理なく工事費を2~3割落とすことができました。
現在このように実際に手を動かす職人さんたちとタッグを組んで、時にはお客さんにも工事に参加してもらいながら、家を造っています。

森田 : 施主さまの希望を最大限に叶え、コストも抑えられる。黒田さまの「良い家」に対する情熱と、住まう方への思いが伝わってきます。最後に、インタビューをご覧になる一般ユーザーさんに対して、良い家を建てる・良いリフォームを実現するためにアドバイスがあれば教えてください。
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
まず設計者としっかりとコミュニケーションをとる事がとても大切です。設計者は、言葉として伝わりにくいことや、お客さんやご家族の雰囲気、車や服装などからも、お客さんの好みを想像して設計しますので。
家族そろって過ごす事の多い家族だとリビングを重視したり、個人のプライバシーを尊重する家族だと各個人の部屋を充実させたり。服装などもインテリアや色彩を検討する上で、とても大切なイメージです。
ですので、設計者としっかりとコミュニケーションをとってください。そうすれば何でも話せる間柄になり、一生のお付き合いになりますよ。


architect profile プロフィール
黒田泰弘/かんくう建築デザイン
黒田 泰弘
kuroda yasuhiro
黒田泰弘/かんくう建築デザインホームページ

かんくう建築デザイン 代表
profile
1969年  広島県出身
1993年  広島工業大学建築学科卒業
1993年~ (株)村田相互設計事務所
1997年~ (株)小林設計事務所
2002年~ かんくう建物設計設立
2010年~ かんくう建築デザインに改称
資格
1級建築士
住宅ローンアドバイザー
福祉住環境コーディネーター
広島市木造住宅耐震診断資格者
宅地建物取引主任者
広島県地震被災建物応急危険度判定士
黒田泰弘先生に連絡する
GALLERY