メーカーインタビュー
高広木材株式会社
限りある天然資源としての材木。
長い歴史を重ねてきた材木の街「新木場」はいま、時代の流れに沿うべく
新たな舵取りを模索し、動き始めている。
2013年 12月
インタビュー / 建材ナビ・アートディレクター

一般ユーザー様大歓迎!! これからの新木場をWebでアピール

― 御社では、レッドシダーのウッドデッキ材の販売もされているそうですが、最近、新木場のメーカー様の間で、ウッドデッキの正しい扱い方などを広めていこうという動きがあると伺いました。きちんとした情報をユーザーに提供していくことは、今後ますます必要とされる、ということでしょうか。

渡辺:ウッドデッキ協会のことですね。デッキ材と一括りに言っても、私どもが扱うレッドシダーはカナダ産ですが、その他にも南アメリカ、アフリカ、東南アジアなどから腐りにくい木が集まってきています。
弊社はカナダ産レッドシダー材の代表としてデッキ協会に参加させていただいていますが、各社扱う材料はそれぞれです。
商売のことだけを考えると、お互いライバルとも言えますが、目指すところは、木材をつかってもらうこと。樹種の違いはあっても、同じ自然素材を扱うプロとして、木材を使うにあたり、やはり正しいメンテナンスとか、効率的な施工方法とか、そういうことを広めていくことが必要だと思います。

高広木材株式会社

― 建材ナビに参加される新木場の業者さんには、御社のようにオーダーメイドに特化している、あるいは施主の希望を聞き、それをカタチにして行きたいなど、今後の展望を前向きに考えている方が多くいらっしゃいます。
建材ナビでも、高広木材様の今後の情報発信のお手伝いができれば、と考えています。

佐々木:Google やYahoo! などの検索エンジンでは、「レッドシダー」とか、「木の外壁」というキーワードで、高広木材のページが上位になっているので、「レッドシダー」という単語を知っていれば、高広木材にたどり着きやすい。でも知らない場合は、さまざまな建材の中から好みのものを探すことになります。
そのような時には、やはり建材ナビのような、いろいろな情報が集約され、検索がしやすいウェブサイトを利用するのがとても便利です。高広木材にとっても、商品に興味を持ってもらえる機会が増えるので、建材ナビはとてもいいサービスだなと思っています。今後とも、よろしくお願いします。

高広木材株式会社