建材トレンドをまとめ読み。すまいリング

混合水栓を修理・交換するときの注意点

水栓で一番多いトラブルが水漏れです。
そこで、混合水栓を修理・交換する際に注意する点をまとめました。

キッチン・バスルーム設備機器

混合水栓の修理・交換は自分で行なえる?

混合水栓の修理・交換は自分で行なうことができます。
また、業者に頼んでも修理なら5千円程度、 交換なら1万円~1万5千円程度の工事費で行なえます。(本体価格は除く)

混合水栓を修理する際の注意点

まずどこが故障しているか確認しましょう。 水の出が少ない、止まらない、水漏れをしている、などの故障が多いです。
水漏れの場合も場所によって修理方法が異なります。 まず修理に必要な工具を揃えます。モンキーレンチ、ドライバーなどを用意します。

【水の出が少ない場合】
まず始めに止水栓を調整してみましょう。
止水栓とは、水の勢いを調整する弁です。
それでも改善されなければ、次にフィルターの掃除をしましょう。 
フィルターは配管のゴミなどをとるので、詰まりやすくなっています。

【水が止まらない・ハンドルの下から水漏れ】
この場合は、主にバルブの故障が原因と考えられます。バルブ交換を行なえば改善されます。
バルブは蛇口の品番をメーカーに伝えれば教えてもらえるので、後は通販やホームセンターで購入できます。

バルブの交換方法は、ハンドルと取り外し、ナットを緩めます。 この際水栓が供回りしないように注意します。ナットを取り外すとバルブが見えるので交換します。 
あとは外した順番と逆の手順で取り付けて行きます。 

【スパウトの上や下での水漏れ】
スパウトの上からの水漏れはナットの緩みかパッキンの不良が原因となります。
スパウトの下からの水漏れはパッキンの不良が主な原因です。
パッキンの交換方法はまず、ハンドル、ナット、バルブを取り外します。 
ここまでくるとスパウトが取り外せます。
ここで注意が必要なのは、シャワーヘッドを引き出して使用できるタイプは分解が難しいため業者に頼んだ方が良いです。
スパウトを取り外すとパッキンが見えるので交換します。

蛇口用のグリスを付けると良いので通販でも購入が可能なので付けましょう。

混合水栓の交換を行なう際の注意点

混合水栓の交換を行なう際は次のような注意が必要です。 現在使っている水栓と同じ形状の物でないと自分で交換を行なうのは難しいです。
自分で行なった際の故障については保障がききません。 こういった部分に注意しながら交換してみましょう。 
ワンホールタイプ、ツーホールタイプも基本的な作業は同じです。 

1.水を止めます。
止水栓がある場合は止水栓で止められます。無い場合は元栓で止めます。 

2.給水・給湯管についているアダプターを取り外します。 

3.本体の根元に付いているナットを取り外します。  

4.上から本体を引き抜きます。 

5.新しい蛇口を取り付けます。 
ワンホールタイプの混合水栓は上面施工アダプターと先に取り付けてから設置します。
上面施工アダプターを設置する際、上から除いた時にカウンターが見えない状態で設置できているか注意します。 カウンターが見えていると、ホースが傷つき水漏れの原因となります。 

6.本体をナットで固定します。 

7.給水・給湯管を接続します。 

8.止水栓を開け、水漏れがないか確認します。 
モンキーレンチでナットが外せない場合は、専用工具が販売されているので、購入していただければ外す事ができます。 

混合水栓の修理・交換には、必ず元栓を締めてから行い、修理・交換が終わったら水漏れがないか確認をしてください。
また、部品が無くなってしまうのを防ぐために、作業時は排水溝を塞ぐことをおすすめします。
あわせて読みたい

Top▲