建材トレンドをまとめ読み。すまいリング

内装材の種類と特徴

内装材は床や壁、天井などに使う仕上げ材や下地材を意味します。 内装材には床材や壁材、天井材があり、それぞれに様々な素材が使用されています。

建築材料

床材の種類と特徴

フローリング
木材が使用されているので、木材の持つ温かみや、 木の種類によっても異なる木目の風合いが特徴です。
タイル
タイルタイルには、水や汚れに強いという特徴があります。 その為浴室やキッチンなど、水回りで使用されていることが可能です。
クッションフロア
樹脂でできていて、タイル同様に水や汚れに強いという特徴があります。

高級感があり、耐久性にも優れています。

壁材の種類と特徴

板張り天井
木材を使用した天井ですので、木のぬくもりが感じられます。
張り天井
合板やボード、クロスなどを使用していて、施工が簡単なため広く行われています。
左官仕上げ
塗り壁同様に、土や珪藻土、漆喰、プラスターなどでできた左官材料をこて塗りする天井です。
内装材の意味や、種類ごとの特徴について主な特徴を記載させていただきましたが、 ここでご紹介した以外にも、様々な内装材があります。
内装材の意味や種類ごとの特徴などがわかると、内装材を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。
あわせて読みたい

Top▲