建築・建材Q&Aは建築、建材についての身近な質問から専門的なものまで、お気軽にご利用ください。

建築何でもQ&Aチャンネル

この質問は解決済です。
 2015-09-24 15:01:11

ガルバリウム鋼板の外壁と屋根について


sakana さん (建築設計事務所)

お世話になります。

現在住宅にて、
ガルバリウム鋼板を平葺きにて屋根と外壁への使用を検討しているのですが、
働き巾が600以上のものは成型品ではないのでしょうか。

現状ですと成型品では働き巾275のものしか見当たりません。
600など大きな働き巾ですと板金屋さんへの特注となるのでしょうか。
また大きな働き巾の屋根、外壁は何か問題があるのでしょうか。

ご回答よろしくお願いいたします。

回答

回答数 2
【回答 1】 gochi さん (建築設計事務所)

こんにちは!

ガルバリウムで働き巾が600となると住宅はもちろん、非住宅でも中々難しいと思います。

働き巾が600以上となると屋根の場合膨らみが出てしまい、
強度が非常に低くなってしまいます。

縦葺きであれば壁では使えると思いますが、
オススメはできません。

ご期待に添えない形で恐縮ですが、
一般的な巾でご検討された方が良いかと思われます。

【回答 2】 じぇんが さん (その他)

働き600mmの平葺き屋根材は、作ってもらわないとありません。
理由は、材料取りの問題があります。
600mmですと材料メーカーのコイルでは殆ど捨てる事になり、歩留りが悪く高い製品になってしまいます。

また、流れ方向の働きが広いとたわみが表面に現れやすくフラットな面は期待出来ません。
恐らく、凸凹な表面になると思います。
その為、面強度を上げる裏打ち材を貼ったりエンボス加工や浅く波を付けます。

屋根材では無理なので大型施設で使う大判のパネルで平葺きのように見せるかです。

質問者からのお礼です 2015-10-23 16:09:22
gochiさん じぇんがさん

お礼が遅くなっていまい申し訳ありません。
ありがとうございました。

最終的に働き巾400にて落ち着きました。
アドバイスありがとうございました。

【ご利用上のルール】
公序身俗に反するもの、法的・倫理的観点から問題のあるもの、その他不適切な投稿は、管理者の判断で削除させて頂くことがございます。投稿内容の実践等による損害につきましては、運営者・投稿者を含め一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。



デザイナーズインテリア製品のギャラリーサイト「匠ナビ」

ログインフォーム

※ カタログ閲覧の際は、お客様の情報(氏名、連絡先等)がメーカー様の元に送られます。
ID (メールアドレス)
パスワード
 ID (メールアドレス)を保存します。  ID (メールアドレス)とパスワードを保存します。
個人情報の取扱いについてはプライバシーポリシーをご覧ください。